中川政七商店



瀬戸焼のおかず皿

毎日使える「いつものお皿」をつくりました

煮物やパスタ、カレーに麻婆豆腐。「いつものごはん」がざっくり盛れて、いつもよりも何だかおいしくそうに見える。瀬戸焼の産地である愛知県瀬戸市の窯元「翠窯」と共に、そんなお皿をつくりました。深さのあるシンプルなお皿は、どんなジャンルの料理もしっくりとなじみ引き立ててくれます。

瀬戸焼のおかず皿

江戸時代の「瀬戸の石皿」をモチーフに

このおかず皿は、江戸末期から明治にかけて瀬戸で大量に作られた「石皿」と呼ばれる大皿をモチーフにしています。見込み(料理を盛りつける部分)が広く、やや深さがあるため煮汁があるものも盛りつけやすく、街道の茶屋などで煮しめを盛るのに使われていたとされています。

瀬戸焼のおかず皿

みんなでも、1人でも使いやすい大きさ

お皿は直径約22cm、7寸の大きさでつくりました。みんなで取り分けるおかず、1人分のパスタやカレー、千切りキャベツと揚げ物など1人前の料理を盛りつけるときといろんな用途に使える便利なサイズです。少し深さがある形は汁気のあるおかずを盛りつけるのにはもちろん、カレーや炒飯の最後のひとすくいを助けてくれますよ。

瀬戸焼のおかず皿

使うほどに風合いが増す焼き物の魅力

お皿は瀬戸の伝統的な釉薬を使った「飴」「黄瀬戸」「織部」の3種類をご用意しました。使ううちに貫入(細かなヒビ)や色の変化が現れてきますが、これは陶磁器の「見どころ」でもあり、その変化を楽しむ文化が日本には根付いています。日々の暮らしの中でたくさん使い、自分だけのお皿に育てるような気持ちでぜひお楽しみください。

瀬戸焼のおかず皿

[商品番号:1408-0133]

販売価格:¥3,780(税込)

選択 在庫  
選択
200 黄瀬戸

選択
201 織部
×

選択
202 飴
×

この商品のレビューを書く

商品説明

愛知県瀬戸市で日用の器を生産する窯元「翠窯」と共に作ったお皿です。
汁気のあるおかずからパスタのような主食まで、幅広い用途で使うことができる深さのある独特の形は、江戸末期から明治にかけて作られた「石皿」と呼ばれる大皿をモチーフにしています。

商品詳細

素材 陶器
備考 簡易箱入り

商品サイズサイズガイド

サイズ 内寸 外寸 高さ
- φ20 φ22 4

単位:cm

お取り扱い上のご注意

お知らせ ※電子レンジは使用可能です。直火・オーブンでのご使用はお避けください。
※本製品の取扱方法については、こちらをご確認ください。
※詳しい取扱方法については、商品の品質表示内容をご覧ください。

【店舗内検索キーワード】 中川政七商店 翠窯 コラボレーション ギフト対応 贈り物 贈りもの キッチン用品 食器 プレート 瀬戸焼のおかず皿

【商品コード】 1408-0133-200 1408-0133-201 1408-0133-202

Customer Review
商品レビューを書く場合はログインしてください。