タダフサ
 
タダフサ
長く愛用できる庖丁
庖丁工房タダフサの庖丁は毎日の生活に合わせた使いやすい本格派の庖丁。 種類が多く選びづらい庖丁を「基本の3本」「次の1本」というわかりやすいシリーズ展開はもとより、使う人のために考えぬかれたさまざまな工夫がありました。それは、庖丁を長く愛用していただくための心遣いでもありました。
 
タダフサ
切れ味を持続するには、定期的に庖丁を研ぐ ことは必要不可欠。もちろんご自分でも研いでいただけますが、研ぎ直しのサービスも行います(有料)。庖丁の箱の中に取扱説明書を兼ねた「庖丁問診表」というものが入っています。お客様自身がチェックでき、研ぎ直しの料金が分かるようになっています。また庖丁をお買上時の箱に入れて、郵送できるので、箱を保管していただきご利用ください。 タダフサ
 
タダフサ
大切な方のお名前や、ご自身の記念日など名入れをすることが出来ます。 毎日そして永く使うものなので、名入れをほどこした世界にひとつだけの包丁を、ぜひ贈りものにも。 アルファベットは、刻印で名入れいたします。 フォントは、ロゴマークをデザインされた廣村正彰氏が監修したもの。包丁の雰囲気とロゴのデザインに合った小ぶりのサイズになっています。 漢字・ひらがなをご希望の場合は、職人が手書きしたものを手彫りとなります。

パン切り包丁 名入れはこちら
万能170mm 名入れはこちら
万能125mm 名入れはこちら
 
タダフサ
タダフサ 特許技術から生まれた抗菌ハンドル
ハンドルに栗材を使用し、シンプルなデザインの中にぬくもりを感じる庖丁は、手に馴染み、女性にも扱いやすい軽さです。 栗材は、もともと鉄道の枕木などに使用される、堅くて腐りにくい材質です。さらに、その栗材をタダフサの特許技術から生まれた抗菌炭化木にしたものをハンドルにしています。抗菌炭化木とは、木材を炭の一歩手前の状態にした木材です。木材に菌が付着した際に栄養分となる水分や栄養がほとんどなく、菌が繁殖できないため死滅してしまいます。木材そのものが持つ質感が残っている、半炭化状態の木材です。
タダフサ 手造りによる切れ味
刃の部分は、ステンレス並みのクロームや炭素、モリブデン、バナジュウム等を含有する硬く粘りのある特殊合金を使用。一般的なステンレスに比べ、お手入れ次第では錆びも出てきてしまいますが、鋭い切れ味を保ちやすいのが特長です。 特にパン切り庖丁は、一般的な波刃ではない、まっすぐな刃。ほとんどパンくずが出ず、切り口がなめらかです。
   
プロダクトデザイナー 柴田 文江氏
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。 東芝デザインセンター勤務を経て、1994年Design Studio S設立。 やわらかい感性が生み出す自由曲面を駆使した造形、細やかな配慮の行き届いた仕上げ、過剰な自己主張を抑えながらも独特の温もりを感じさせる 存在感とオリジナリティが備わった造形力と正統的な着眼点などに特徴が ある。「コンビ ベビーレーベルシリーズ」「無印良品 体にフィットするソファー」「オムロン電子体温計」などをデザイン。

グラフィックデザイナー 廣村 正彰氏
愛知県生まれ。1988年に廣村デザイン事務所を設立。 日本デザイナー協会新人賞、N.Y.ADC 9th International Annual Exhibition銀賞受賞。 2008年 KU/KAN賞受賞。2009年 毎日デザイン賞受賞など受賞多数。 サインデザインを数多く手がける。 東京工芸大学芸術学部教授。特種東海ホールディングス AD顧問。
タダフサ

該当する商品がありません。